MDaemon Messaging Portal

情報セキュリティポリシーの強化

昨今は個人情報保護や、ISMS取得要件の観点からメールに添付する書類の暗号化は定石となっています。

多くの企業では情報漏洩対策として、添付ファイルを先方へ送る度に、暗号化ZIPファイルへ変換しファイルを送るという作業を行っており、それにより業務効率が大きく低下しています。

さらに、送った添付ファイルのパスワードが違っていたり、そもそもパスワードを送っていなかったりと、予期せぬヒューマンエラーによって、1度で済むメールのやり取りを複数回行う羽目になり、無駄な時間を取られてしまう事も少なくありません。

そんなトラブルを未然に防ぎ、
面倒な作業を解決できるメールサーバーがございます!!

MDaemon Messaging Portalの機能ご紹介

MDaemon Messaging Portalは、添付ファイルの自動暗号化機能を持ったメールサーバーサービスとなっております。

添付ファイルの暗号ZIP化を自動で行い、パスワードメールも自動で送信するので、パスワード送信ミスもございません!

  • ■業務効率を落とすことなくメールセキュリティの強化が可能
    • ・複数の添付ファイルもまとめてパスワード付きZIPファイルに自動変換
    • ・パスワードは送信毎に違うものをランダム生成
    • ・パスワード告知メールも同じ宛先に後から自動送信
    • ・Webメール(Webブラウザでメールを利用)が標準搭載
    • ・誤送信・標的型メール攻撃に対応する機能も標準搭載

ご利用価格

■リーズナブルなランニングコスト

本クラウドメールサーバーサービスの基本プログラム[MDaemon]は、メールサーバーソフトウェアとして、米国テキサス州にあるMDaemon社にて1996年に販売を開始しました。 現在は、世界90ヵ国での販売実績を持ち、12ヶ国の言語に対応しています。日本では、2003年から販売を開始、国内企業へのサポートや販売をウェアポータル株式会社が行っています。

まずはお気軽にご連絡下さい。

電話:03-3780-7080
お問合せフォーム

Copyright(c) 2016 BizConference