ビズ・カンファレンス、「VMSシステム(Vending Machine Support)」を発表

報道機関各位

2021年9月1日、コールセンター事業を営む株式会社ビズ・カンファレンス(本社:東京都港区 代表取締役:松田 強、以下BC)は、本日、「自動販売機」や「非対面金銭授受装置」向けの簡易対応システムの「VMSシステム(Vending Machine Support)」を発表いたしました。

BCは、多くの商材のインバウンド(電話受付)案件を運営する過程において、ユーザーとオペレーターの電話内容を分析する事で、オペレーターの対応と同等の内容をシステムで実現可能とする仕組みを開発しました。これにより先ずは受電件数の多い「自動販売機」のトラブル発生時の対応に適用する事により、ユーザーは面倒な電話を掛ける事や、話中で待たされる事がなく、自身のスマートフォンによりトラブルを解決する事ができるようになり、トラブル対応のストレスから解放されます。 また、自動販売機運営事業者は高コストな「コールセンター」の規模を最小限に抑える事が可能となり、ユーザー及び提供者ともにメリットが大きいシステムとなります。

「VMS(Vending Machine Support)」サービス概要

 従来までは、自動販売機において「釣銭が出てこない」「商品が出てこない」「売り切れがある」等々が発生した場合、ユーザーは自動販売機に貼付済の電話番号に架電をし、オペレーターにトラブルの内容を伝える事でオペレーターを介して当該自動販売機のルートセールスに要望を伝える作業を行っておりましたが、VMSはユーザーがスマートフォンで自動販売機に貼付してある「QRコード」を読み取る事によりブラウザー経由で問合せ画面が表示され、それらに対して必要な情報を入力する事で自動的にルートセールスに内容が伝わり、コールセンターのオペレーターを介さずとも問題を解決できるサービスです。

今後は「自動販売機」のみならず、コインパーキングの収納装置やその他「非対面金銭授受装置」にも順次適用していく予定です。 これらのシステムにより最も労働集約的なコールセンターの工数をシステムで補完する事が可能となり、コールセンターの運用コストを削減できる画期的な仕組みとなります。また、自社内にてお客様からのトラブル内容を担当者に振り分けされている場合でも、的確に対応者へシステムが自動的に振り分けトラブル内容を伝える事が出来る為、作業効率の向上を図る事が可能となります。

ビズ・カンファレンスについて

 

株式会社ビズ・カンファレンスは、お客様の業容拡大をご支援させて頂く事を第一と捉え、常に顧客満足度の向上、投資対効果の重要性、品質管理の徹底を意識しており、顧客リピート率、契約継続率も高い企業でありますが、その中でもコールセンター事業においては、IT業界を始めとする、多くの業種の顧客案件に従事しております。(http://www.biz-conf.com)

 

プレスリリースについてのお問い合わせ

 

「VMS(Vending Machine Support)」「(株)ビズ・カンファレンス」については、下記Webサイトをご参照下さい。

プレスリリースについてのお問い合わせ

  • 株式会社ビズ・カンファレンス 管理本部 
  • 電話:03-3780-7080

サービスについてのお問い合わせ

  • 株式会社ビズ・カンファレンス サービス事業部
  • 電話:03-3780-7080
Copyright(c) 2016 BizConference